スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガエル・ガルシア・ベルナル Gael Garcia Bernal

初めて彼を見たのは『アモーレス・ペロス』でだった。その瞬間からもう、大好き。
メキシコではアイドル的存在だったようだけど、わたしの中のイメージではハリウッドスターとは違い、ヨーロッパの女優のようにヌードもさらっとこなすようなどんな役も厭わない俳優。
役者は好きでも出演作はあまり好みではないという傾向の中、彼の場合は出ている作品も好きなもの、観てみたいものが多い気がする。
まだまだ若いのでこれからどうなっていくか楽しみでもあり不安でもあり、あまり変わりすぎの役ばかりでもなく、ただのロマンティックムービーでもなく、様々なジャンルの面白い作品にたくさん出てほしいなぁ。

出演作品
ハートの中に('96)/Cerebro ('00)/アモーレス・ペロス('00)/The Last Post ('01)/天国の口、終りの楽園。('01)/首筋の目('01)/ブエノスアイレスの夜 ('01)/ウェルカム!ヘヴン ('01)/アマロ神父の罪('02)/幸せになる彼氏の選び方 負け犬な私の恋愛日記('02)/Dot the I ('03)/Dreaming of Julia('03)/モーターサイクル・ダイアリーズ('04)/バッド・エデュケーション('04)/キング 罪の王('05)/恋愛睡眠のすすめ('06)/バベル('06)/Deficit(兼監督)('07)/失われた肌('07)/ルドandクルシ('08)/ブラインドネス ('08)/Mammoth ('09)/リミッツ・オブ・コントロール('09)/Letters to Juliet ('10)
スポンサーサイト

ジュード・ロウ Jude Law

『ガタカ』を観ていなかったらきっと彼のことは知らなかったろう。いや、それ以前に雑誌で見てはいたが、その時は「ふうん」って感じだった。あの作品の彼のインパクトがすごく強くて、あまり面白そうでなくても彼が出ている作品は見逃せなくなってしまった。
作品自体の評価が芳しくなくても「彼の演技はよかった」という評を聞くと複雑な気分。良い作品に恵まれるといいね。
彼は主役を演じるより主要な脇役を演じるほうが合ってると思う。スターにならなくていいからずっと役者でいてほしい。
---
『ショッピング』('94)・・・うう~ん、なんというか、まあ若かりし日のジュードくんが見れただけで満足ということにしておく。彼にとってみればサディと出会えただけで満足ってとこでしょうか。
『真夜中のサバナ』('97)・・・これもうう~ん。出演者はすばらしい方々ばかりなんですが・・・
『eXistenZ』('99)・・・かなりグロいけどストーリーは面白かった。この作品のジュードくん、かわいいし。最初のほうはロールプレイングゲームを初めてやった時のことを思い出しておかしかった。主役の二人、現実の世界とかバーチャルの世界で微妙にヘアスタイルが違うんだよ。
『リプリー』('99)・・・今までの役とは正反対、「陽」のパートを受け持ってる。残酷だったり少年のように無邪気だったりいろんな顔がみれる。作品はかなり作り込まれているし、主演のマット・デイモンもすごく上手いんだけど、あのリプリー気持ち悪い。それが狙いだったのなら成功。
ジュードくんがリプリー役だったらどんな作品ができていただろう、という興味が沸く。

その他の出演作品
プラトニック・ゲーム/オスカー・ワイルド('97)/ベント 堕ちた饗宴('97)/ガタカ('97)/ミュージック・フロム・アナザー・ルーム('98)/ファイナル・カット('98)/クロコダイルの涙('98)/ロンドン・ドッグス('00)/スターリングラード('01)/A.I.('01)/Marlowe ('02)/ロード・トゥ・パーディション('02)/コールドマウンテン('03)/スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー('04)/アルフィー('04)/クローサー('04)/アビエイター('04)/レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語('04)/All the King's Men('06)/こわれゆく世界の中で('06)/ホリディ('06)/マイ・ブルーベリー・ナイツ('07)/スルース ('07)/Dr.パルナサスの鏡('09)/シャーロック・ホームズ('09)/Repo Men ('10)

ナタリー・ポートマン Natalie Portman

『レオン』で一目見たときから大好き。もう、その時から子役じゃなくて女優と呼んでいいと思った。
でもその後「これ」と言う作品を見ていない気がする。今後に期待。といってもしばらくは学業に専念するのかな?
彼女にとって、そしてわたしたちにとっていい作品と出会えるといいな。
---
『ヒート』('95)・・・ロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ共演。二人とも年をとってしまったなーと、悲しくなる作品。キレがないんだもん。走ってるとことかスローモーションみたいで。
ヴァル・キルマーがよかった。それとアシュレー・ジャド。この二人の物語の部分が一番印象に残る。
ナタリーはパチーノの娘役で、出番は少なかったけど等身大の女の子の役でまあまあ。
『世界中がアイ・ラブ・ユー』'(96)・・・ウディ・アレン監督による楽しいミュージカル。ティム・ロスが笑える。ドリューがかわいい!
この映画のナタリーを見たとき、“泣き方が『レオン』といっしょじゃん、成長してないぞ” と思ってしまった。
『マーズ・アタック!』('96)・・・監督の、出演者の、お遊び映画。大真面目に受け止めないほうが楽しめると思う。でも一番楽しんでるのはやっぱり彼ら。ナタリーの見せ場はあまりない。
ティム・バートンの(元)奥様って、作り物みたいに美しい。

その他の出演作品
ビューティフル・ガールズ('96)/スター・ウォーズ:エピソード1('99)/地上<ここ>より何処かで('99)/あなたのために('00)/スター・ウォーズ:エピソード2('02)/コールドマウンテン('03)/クローサー('04)/True ('04)/スター・ウォーズ エピソード3('05)/Free Zone('05)/V フォー・ヴェンデッタ('05)/宮廷画家ゴヤは見た('06)/パリ、ジュテーム('06)/マイ・ブルーベリー・ナイツ('07)/ダージリン特急('07)/ホテル・シュヴァリエ('07)/マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋('07)/ブーリン家の姉妹('08)/ニューヨーク、アイラブユー('09)/マイ・ブラザー('09)/Hesher('10)

ジョージ・クルーニー George Clooney

『ER』時代から大好き。でも、映画はあまり好きなのに出ていないんだよね。あんまりアメリカンヒーロー的な役はやってほしくない。
もう『ER』で見れないのが残念。
---
『リターン・オブ・ザ・キラー・トマト』('88)・・・5分くらいしか観ていないのでなんともいえないんだけど、この頃クルーニーを知っていたとしても好きにはならなかっただろうルックス。
『フロム・ダスク・ティル・ドーン』('96)・・・かっこいい!若くてシャープ。作品は前半から後半への変わりようがすさまじい。
『素晴らしき日』(96)・・・ロス先生の子どもっぽい部分、おちゃめさ全開な役柄。コミカルなラブコメ。
『バットマン&ロビン』('97)・・・なぜか宣伝ではシュワちゃんばかりが目立っていた。実際、クルーニーは作品中でも借りてきた猫のよう。
バットマンシリーズは最初のティム・バートン、マイケル・キートンコンビが一番好き。
『ピースメーカー』('97)・・・犯人が哀れ過ぎてすっきりしなかった。クルーニーもあまり魅力的じゃない。動かされている感じ。
『アウト・オブ・サイト』('98)・・・彼の出演作の中で一番好き。クルーニーとロペス、すっごくかっこいい!演出もいい。冒頭部分も好き。
クルーニー、またソダーバーグ監督と組むらしいので出来上がりが楽しみ。
『スリー・キングス』('99)・・・アメリカの正義の批判映画?でもやっぱりアメリカの正義的作品。
たぶん、アメリカ人じゃなきゃ本当に笑えないブラックコメディ。
『パーフェクト・ストーム』('00)・・・この作品の主役は嵐なのかな?クルーニー他、出演者の演技はいいんだけど、彼らの行動の結果は自業自得といった感じ。救助隊のほうに心が動いた。

その他の出演作品
シン・レッド・ライン('98)/サウスパーク 無修正映画版(声)('99)/オー・ブラザー!('00)/オーシャンズ11('01)/スパイキッズ('01)/ソラリス('02)/コンフェッション(兼監督)('02)/ウェルカム・トゥ・コリンウッド('02)/Intolerable('03)/スパイキッズ3-D:ゲームオーバー('03)/ディボース・ショウ('03)/オーシャンズ12('04)/シリアナ('05)/グッドナイト&グッドラック(兼監督)('05)/The Good German('06)/オーシャンズ13('07)/フィクサー('07)/かけひきは、恋のはじまり('07)/バーン・アフター・リーディング('08)/マイレージ、マイライフ('09)/The Men Who Stare at Goats('09)/Fantastic Mr. Fox(声)('09)/The American('10)

ホアキン・フェニックス Joaquin Phoenix

お兄ちゃんは『スタンド・バイ・ミー』のときが一番好きだったけど、ホアキンくんは今のほうがいい。あの絶望的に暗い瞳が好き。
---
『バックマン家の人々』('89)・・・いろんな問題を抱えた家族のお話。でもそんなに重くなく軽い印象が残っている。この頃までリーフ・フェニックスって名だった。彼はいつも何かに怒っているような無口な少年の役だった。(と、記憶している)
『誘う女』('95)・・・この作品を観たとき、彼は本当に頭が弱いんじゃないかと思ってしまった。始終ボワワンとしているの。
ニコール・キッドマンが怖い思いこみ上昇志向女を楽しげに演じている。
『グラディエーター』('00)・・・壮大なスケールのスペクタクル映画。ストーリーが弱い分、大スクリーンで見るべき。
でも最近の映画って、この中のどれくらいがCGなんだろうって思ってしまって手放しで感動できない自分が悲しい。
ホアキン演ずるコモドゥス帝は、完全な悪役なんだけど魅力たっぷり。あごのラインがちょっと、いや、かなり気になったけど、すごく複雑な心理を感じさせる演技が素晴らしい。

その他の出演作品
スペースキャンプ('86)/Uターン('97)/秘密の絆('97)/ムーンライト・ドライブ('98)/8mm('99)/クイルズ('00)/裏切り者('00)/Buffalo Soldiers('01)/サイン('01)/It's All About Love('02)/ブラザー・ベア('03)/炎のメモリアル('04)/ホテル・ルワンダ('04)/ヴィレッジ('04)/ウォーク・ザ・ライン/君につづく道('05)/アンダーカヴァー('07)/帰らない日々('07)/Two Lovers('08)

ブレンダン・フレイザー Brendan Fraser

おバカ映画から誠実な作品まで何でもこなせるところがいい。真面目で優等生な学生を演じたかと思えば“初めてこの世を知りました”というような特異な境遇の役も違和感がないところが恐くもある。でも、どの役にしろピュアというかウラがないというかスレてない人物という共通点があったりする。
---
『原始のマン』('92)・・・かなりなおバカ映画だけどかなり好き。たしかこれが彼を見た最初の作品。これで好きになった自分もどうかと思う。長髪姿がかわいかった。
『青春の輝き』('92)・・・マット・デイモン、ベン・アフレック、クリス・オドネルも出演していた。人種問題などを取り上げた誠実な作品だったような・・・マットがすごくヤな奴だったような・・・
『風と共に去る20ドル!?』('93)・・・逆玉の筈がバチェラー・パーティーでフィアンセの怒りを買って新しい人生を見つけるために旅だった・・・という内容だったと思う(途中思いきり端折ってるけど)。でもこの作品の主役はタイトルにある20ドル紙幣なのか?
『きっと忘れない』('94)・・・いや、ごめんなさい。ほとんど忘れた。大学に住みついているおじさんとの心の交流のお話だった?
『ハードロック・ハイジャック』('94)・・・これもあんまり覚えていない。長髪があまり似合っていなかった。スティーブ・ブシェーミも出演していた。
『ジャングル・ジョージ』('97)・・・これで子ども達の人気者になったそうな。勇ましくてかっこいいというよりおマヌケでお人よしなキャラ。ラストは想像できるので安心して見ていられる。
『ハムナプトラ』('99)・・・ありがちなB級アドベンチャー・ムービーと思って無視しようとしていたら、彼が出ていたので観に行ってしまった。ブレンダン、顔が変わってる。なんか違う。アドベンチャー向けの顔(?)だ。でもやっぱり勇ましいというよりどこかキメきれないキャラ。大量のスカラベが圧巻。レイチェル・ワイズがかわいい。彼女の兄貴もいい味。冷静にみると全ての災いは彼ら自ら呼びこんでるんだよ。

その他の出演作品
恋のドッグファイト('91)/グローリーデイズ 夢見る頃はいつも('93)/カントリー・ファーム('93)/スカウト('94)/聖なる狂気('96)/くちづけはタンゴの後で('97)/ゴッド・アンド・モンスター('98)/タイムトラベラー きのうからきた恋人('99)/悪いことしましョ!('00)/モンキーボーン('01)/ハムナプトラ2('01)/愛の落日('02)/ルーニー・テューンズ:バック・イン・アクション('03)/クラッシュ('04)/復讐街 ('06)/The Last Time('06)/The Air I Breathe('07)/センター・オブ・ジ・アース('08)/Inkheart('08)/G.I. Joe: The Rise of Cobra('09)/Extraordinary Measures('10)/Furry Vengeance('10)
最新記事
カテゴリ
わ (5)
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。