スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8 1/2 Otto e Mezzo

ま、こんなもん?


昨年末ごろ、TVで放送されたのでHDに録画しておいた。しかし、映画館で上映されるというので折角だから映画館で観ることに。
10年ほど前に『道』を観た。好きな作品だった。それにも拘らず、何故かその後フェリーニの作品を観ることはなかった。
なんとなくダメって分かっていたからだろうか・・・。
---
夢うつつの映画を夢うつつ状態で観ちゃったよ。『甘い生活』のほうがまだ面白いと思ったなぁ。
ハーレム状態の妄想は笑ったし、絵的には見るものがあると思うけど、どうなんだろうね。あと10年くらい後に観たらまた感想が変わるかな。
---
『甘い生活』の時は分かったのに、今回は妻役がアヌーク・エーメって気がつかなかった。でも彼女が出たとたんパッと目が覚めた。それほどたくさん彼女の作品を観ているわけではないのだけど、なんか好きな女優さんだ。

1963年/イタリア映画/2時間18分/モノクロ/配給:ザジフィルムズ

監督:フェデリコ・フェリーニ
脚本:フェデリコ・フェリーニ/トゥリオ・ピネッリ/エンニオ・フライアーノ/ブルネッロ・ロンディ
製作:アンジェロ・リッツォーリ
製作総指揮:
撮影:ジャンニ・ディ・ヴェナンツォ
音楽:ニーノ・ロータ

出演:マルチェロ・マストロヤンニ/アヌーク・エーメ/クラウディア・カルディナーレ/サンドラ・ミーロ/バーバラ・スティール

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
わ (5)
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。