スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永遠のこどもたち EL ORFANATO

いいんじゃない?

いやー、酷い話だね。
サスペンスホラーとしてはよく出来ていると思う。でも登場人物に対して脚本がものすごく意地悪。
「感動」だとか「スピリチュアル」だとか・・・チラシに書いてあるそういうものは全く感じなかった。ラストは感動どころか「酷すぎる~!!!」という怒りにも似た感情のほうが大きかった。
鬼気迫る母と館の質感に演技賞を。

2007年/スペイン+メキシコ映画/1時間48分/カラー/シネマスコープサイズ/ドルビーSR,SRD/配給:シネカノン

監督: J.A.バヨナ
脚本:セルヒオ・G・サンチェス
製作:マル・タルガローナ/ホアキン・パドロ/アルバロ・アウグスティン
製作総指揮:ギレルモ・デル・トロ
撮影:オスカル・ファウラ
編集:エレーナ・ルイス
美術:ジョセプ・ロセル
音楽:フェルナンド・ベラスケス

出演:ベレン・ルエダ/ジェラルディン・チャップリン/フェルナンド・カヨ/ロジャー・プリンセブ/マベル・リベラ/モンセラット・カルージャ/アンドレス・ヘルトルディクス/エドガール・ビバル


テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
わ (5)
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。