スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マン・オン・ワイヤー MAN ON WIRE

ま、こんなもん?


正直、映画としてはどうかなぁとは思う。

いたずらっ子がそのまま大きくなった、みたいな仲間がこれだけいて協力してくれてこんなことができちゃうというのはなんかいいな。

高層ビル間の綱渡り、アウトサイドから見れば単純に「わー、すごい!」だとか「人騒がせな」などと派手に見える行為だろうが、彼自身にとっては外部をシャットアウトした自分だけの世界、誰にも侵されることのない孤独がビルの間にはある。そのある種、心地よい孤独感を味わいたいという気持ちには共感。

2008年/イギリス映画/1時間95分/カラー/配給:エスパース・サロウ

監督:ジェームズ・マーシュ
製作:サイモン・チン
撮影:イゴール・マルティノビッチ
音楽:マイケル・ナイマン/ジョシュア・ラルフ

出演:フィリップ・プティ/ジャン=ルイ・ブロンデュー/アニー・アリックス/ジム・ムーア/マーク・ルイス


テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
わ (5)
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。