スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アバター Avatar

いいんじゃない?

3D/字幕版を観た。
映画館に到着するまでにちょっと車酔いしていたのもあり、冒頭で浮遊する映像の上に字幕が乗っかっているのを読んでいたらかなり気持ちが悪くなり、これから3時間弱もつだろうかと心配になった。けど、そこがピークであとはわりと大丈夫だった。途中、走って退場した人がいたけど、酔っちゃったのかなぁ。
---
この作品は3Dであることに価値があるんでしょうな。ストーリーは地球上でもよくある話をほかの星に置き換えただけで、さほど新鮮味はない。
パンドラの景観やそこに住む生物にリアル感を出すための3Dなのかな。
バンシーに乗っての飛行シーンはすっごく気持ちよさそうだったし臨場感があった。わたしも乗ってみたい~!!
遊園地のアトラクション的に楽しむ作品だね。つまり、2Dで観てもたいして価値がないというか・・・(と、ここまでいっちゃっていいんだろうか)
映画は内容が面白ければ、立体的に見えなくてもわたしはいいな。

---
ところでこの3D映画を楽しむために必要なメガネ、日本では主に3種類あるそうで、わたしが行った映画館で使用していたのは、"ブレが少なく立体感を得やすくどこの座席からも比較的安定的に見られるけど重量があり彩度が若干低めなもの"だった。
本当に、立体感は「凄い!」の一言。でも重くて観終わった後で鼻の押さえられてた部分がかなり赤くなっていた。
3Dの方式、色々あるんだけど、『アバター』に一番合った上映方式で観られる映画館が日本には1館もないらしい。それってどうなん?って気がしないでもない。
---
シガニー・ウィーバー以外知らない役者さんばかりと思っていたらミシェル・ロドリゲスの名前が。あー!あの軍人のねーちゃん!?大人になったなぁ。

2009年/アメリカ映画/2時間42分/カラー/配給:20世紀フォックス映画

監督+脚本:ジェームズ・キャメロ
製作:ジェームズ・キャメロン/ジョン・ランドー
製作総指揮:コリン・ウィルソン
撮影:マウロ・フィオーレ
編集:スティーブン・リフキン/ジョン・ルフーア/ジェームズ・キャメロン
美術:リック・カーター/ロバート・ストームバーグ
音楽:ジェームズ・ホーナー

出演:サム・ワーシントン/ゾーイ・サルダナ/シガニー・ウィーバー/スティーブン・ラング/ミシェル・ロドリゲス/ジョバンニ・リビシ/ジョエル・デビッド・ムーア/CCH・パウンダー/ウェス・スチュディ/ラズ・アロンソ


テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
わ (5)
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。