スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dr. パルナサスの鏡 The Imaginarium of Doctor Parnassus

よかったぁ


今回はよい形でイマジネーションの世界が作品に反映されていた。
悪魔との賭けがイマイチ解り難かったけど、『ブラザーズ・グリム』で堪え難かったキャラクターやストーリーの陳腐さがその一歩手前の絶妙なところで留まっていた。
そういう余計なところに捕われずに、単純に創造の世界を楽しめたので満足。
---
撮影の途中で亡くなったヒース・レジャーに代わり欲望の世界ではジュードくんほか2人の俳優が同じ人物を演じている。この作品のヒースはとても魅力的で、まだまだこれからという若さでこの世を去ったことが本当に惜しい。

2009年/イギリス+カナダ映画/2時間4分/カラー/配給:ショウゲート

監督:テリー・ギリアム
脚本:テリー・ギリアム/チャールズ・マッケオン
製作:エイミー・ギリアム/サミュエル・ハディダ/ウィリアム・ビンス
製作総指揮:ディブ・バロウ/ビクター・ハディダ
撮影:ニコラ・ペコリーニ
編集:ミック・オーズリー
美術:アナスタシア・マサロ
衣装:モニク・プリュドム
音楽:マイケル・ダナ/ジェフ・ダナ

出演:ヒース・レジャー/クリストファー・プラマー/リリー・コール/アンドリュー・ガーフィールド/ヴァーン・トロイヤー/ジョニー・デップ/ジュード・ロウ/コリン・ファレル/トム・ウェイツ


テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
わ (5)
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。