スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたしを離さないで Never Let Me Go

いいんじゃない?


どう見たらいいか難しいし疑問がいっぱいの作品だった。
学校は閉鎖されたのに「提供」のシステムはなぜ終わらないのか、とか彼らには自殺や逃亡という概念はないのかとかね。
ま、人間から見れば彼らは人間ではないとみなされているから人間社会に迎え入れられないので使い切ってしまうためなのだろうし、逃げないのは寄宿学校での教育により彼らにそういう概念がないからなのだろう。
でもいじめや恋愛はあるのにね。それは本能に備わっていて「逃げ」が備わってないのもなんだかへんだけど。

彼ら目線で、「人間」としてどう生きるのかを考えるのか、または彼らを家畜のような生産物と考え風刺として捉えるのか。
後者だとすると「生きている間はいっぱい愛情を注いで・・・」云々の畜産業の方の言葉は偽善に思えてくるし。
人間にも必ず死は訪れるとモノローグでキャシーは言うが、提供されるという目的と時期が決まった死といつ死ぬかわからない運命任せの最期とでは生き様も変わるんじゃないか。
それでも彼女の悟りにも似た諦めと死を享受する絶望的でやるせない表情と映像に涙が出た。

映像と演技は素晴らしい。原作を読んでいないので本当はどうだか分からないけど映画はちょっと消化不足。
・・・わたしの感想も消化不足だね!


2010年/イギリス+アメリカ映画/1時間45分/カラー/配給:20世紀フォックス

監督:マーク・ロマネク
脚本:アレックス・ガーランド
原作:カズオ・イシグロ
製作:アンドリュー・マクドナルド/アロン・ライヒ
製作総指揮:カズオ・イシグロ/アレックス・ガーランド/テッサ・ロス
撮影:アダム・キンメル
美術:マーク・ディグビー
音楽:レイチェル・ポートマン

出演:キャリー・マリガン/アンドリュー・ガーフィールド/キーラ・ナイトレイ/シャーロット・ランプリング/イソベル・メイクル=スモール/エラ・パーネル/チャーリー・ロウ/サリー・ホーキンス/ナタリー・リシャール/アンドレア・ライズボロー/ドムナル・グリーソン


テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
わ (5)
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。