スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュリエットからの手紙 Letters to Juliet

よかったぁ


ただの恋愛映画、と言ってしまえば元も子もないんですが・・・観終わった後すっきり気分のいい作品だった。

ほとんど情報を持たないまま映画館に行ったんだけど、誰かと思ったらガエルくん!出てたのね~!!でも「こりゃ結婚してもすぐ離婚だわ~」とちょっと見ただけでも思ってしまうくらいテンション高すぎでついてけない。
ま、ここまでやんないと婚約までして破棄する正当だと思わせる理由がないからなのかもしれないけどね。

登場人物みんなチャーミングでイタリアの風景は美しく、最終日に駆け込みで観に行って良かった。

映画に登場するジュリエットの秘書って本当にいるのね。知らなかったー。

2010年/アメリカ映画/1時間45分/カラー/配給:ショウゲート

監督:ゲイリー・ウィニック
脚本:ホセ・リベーラ
製作:キャロライン・カプラン/エレン・バーキン
製作総指揮:ロン・シュミット
撮影:マルコ・ポンテコルボ
編集:ビル・パンコウ
美術:スチュアート・ワーツェル
音楽:アンドレア・グエラ

出演:アマンダ・セイフライド/ヴァネッサ・レッドグレイヴ/ガエル・ガルシア・ベルナル/フランコ・ネロ


テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
わ (5)
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。