スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンナ・カレーニナ ANNA KARENINA

ま、こんなもん?


いやー、前回から約2年ぶりの更新!その間映画は観ていたのだけどなかなかUPする時間がなくたまってくると面倒になり・・・で、結局昨年観た作品のUPはスッパリ諦めることにした。

今年、映画館での初鑑賞はトルストイ原作の文芸作品。原作は読んだことがないけど、子どもの頃から母に「主人公が列車に轢かれて死ぬ」と聞いていたので末路は知っていた。
トルストイ、悲劇、思い描いていた雰囲気と演出が合っていないと、まず感じた。舞台演出的な人物の動きセットの展開が、それだけ見るとよくできていて面白いのだが、この作品の内容からするとちぐはぐなのだ。
登場人物が操り人形に見えて、そういう演出で通すのかと思いきやエモーショナルな演出もあったりで観客としては身の置き所が定まらず居心地の悪い思いをした。
演出でよかったのは舞踏会のシーンくらいかな。

内容はいわゆるメロドラマ。「夫が暴力的とか高圧的で家庭に耐えられず不倫に走る」とかいうありがちなパターンで主人公の行動を肯定しておらず、恋に落ちるに理由はないってところが意外とリアルなのと、リョービンとキティのエピソードがよかった。

とにかく、あの流れるような場面転換は素晴らしかったのでほかの作品で使えばよかったのにというのが一番の感想。

---

2012年/イギリス映画/2時間10分/カラー/配給:ギャガ

監督:ジョー・ライト
脚本:トム・ストッパード
原作:レオ・トルストイ
製作:ティム・ビーバン/エリック・フェルナー/ポール・ウェブスター
製作総指揮:ライザ・チェイシン
撮影:シーマス・マッガーヴェイ
編集:メラニー・アン・オリヴァー
美術:サラ・グリーンウッド
衣装:ジャクリーン・デュラン
音楽:ダリオ・マリアネッリ

出演:キーラ・ナイトレイ/ジュード・ロウ/アーロン・テイラー=ジョンソン/ケリー・マクドナルド/マシュー・マクファディン/ドーナル・グリーソン/ルース・ウィルソン/アリシア・ヴィキャンデル/オリヴィア・ウィリアムズ/エミリー・ワトソン/カーラ・デルヴィーニュ

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
わ (5)
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。