スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハッシュパピー バスタブ島の少女 Beasts of the Southern Wild

ま、こんなもん?


トータルテンボスだと藤田さんだとか、スキマスイッチの常田さん(いまは違うか)とか、なぜかアフロヘアの人が好き。ってことでこの作品はハッシュパピーのルックスが一番の決め手となって観に行った。

観終わっての感想は・・・うーん・・・。もっと力強い作品かと思ってたけど、かなり薄味だった。
喜びも悲しみもたくましさも全部浅く感じた。
なんでだろ。お父さんがあまりにも空元気だけで弱々しすぎたからかな。ハッシュパピーの心情が描き切れてなかったからかな。味付け次第ではもう少し心に残る作品になれてたと思う。

時間のない中、選んだのがこの作品だったけど正直残念。こんなことなら『ルビースパークス』を観に行ってたほうがよかったかも、なんて思ってしまった。

---

2012年/アメリカ映画/1時間33分/カラー/配給:ファントム・フィルム

監督:ベン・ザイトリン
脚本:ルーシー・アリバー/ベン・ザイトリン
製作:ダン・ジャンヴェイ/ジョシュ・ペン/マイケル・ゴットワルト
製作総指揮:フィリップ・エンゲルホーン/マイケル・レイラー/ポール・メゼイ
撮影:ベン・リチャードソン/アレックス・ディガーランド
音楽:ベン・ザイトリン/ダン・ローマー

出演:クヮヴェンジャネ・ウォレス/ドワイト・ヘンリー/リービ・イースタリー/ローウェル・ランデス/パメラ・ハーパー/ジーナ・モンタナ/アンバー・ヘンリー/ジョンシェル・アレキサンダー

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
わ (5)
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。