スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅立ちの島唄 十五の春

よかったぁ


全くノーマークの作品だったけど、映画館からのメルマガを読んでなんとなく観てみたくなったので、スケジュールが詰まっている中、この日は映画のはしごをすることに。
お昼はこの作品。

南大東島の少女のお話。ちょうどこの日の夜、家に帰ったら沖縄の別の離島の中学生の男の子が出てたんだけど、どちらも島に高校がなく進学するには島を出てゆかねばならないということだった。
世界の都市部はどこも個性が薄れてきているし、日本も全体的に均質化しているって思っていたので、この島の実情や風土・風習、暮らしぶりには驚くことばかりだった。

主人公の少女の人生はままならなくて、様々な思いを抱えながら成長する様が抑えた演出で淡々と語られる。
おせっかいなほど近い距離感や近いけど言葉足らずだったり、厳しいけど暖かさのこもった言葉、などなど周りの人々や主人公の心情がナチュラルで静かに心に響いた。甘酸っぱくてほろ苦い、どこか懐かしいようなテイスト。
厳しい環境下では子どもたちは早く大人になるんだなぁ。

---

2013年/日本映画/1時間54分/カラー/配給:ビターズ・エンド

監督+脚本:吉田康弘
製作:原田知明/玉城惇博/市川透/定井勇二/板東浩二/白石弘幸/豊平良孝
撮影:木村信也
編集:村上雅樹
美術:古積弘二
音楽:きだしゅんすけ

出演:三吉彩花/大竹しのぶ/小林薫/早織/立石涼子/山本舞子/照喜名星那/上原宗司/手島隆寛/小久保寿人/日向丈/松浦祐也/若葉竜也/野吾沙織


テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
わ (5)
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。